今すぐリフォームしたい時に考えるべきこと

失敗しないために

まずは計画から見積依頼まで

今すぐなどリフォームを急いでいる場合には、リフォームにどれくらいの時間がかかるかを把握しておく必要があります。 小規模なリフォームなのか、設備を含めたリフォームなのか、また間取りから全面的に変更する大掛かりなものなのか、その家やマンションの状態によりまったく異なるからです。...続きを読む

見積、業者選び、その他注意点

リフォームのイメージが頭の中で(もちろんメモや図などあればなおOK)できあがったら、その内容を業者へ説明に行き、見積を依頼します。 先ほども述べたように、現在は複数の会社に見積を依頼することは普通に行われており、気になる業者があれば問い合わせるのがいいです。 ...続きを読む

契約前に確認

見積の比較検討から依頼したい業者が決まったら、見積書を再度確認するのがよいでしょう。 しっかりした会社であれば内訳などの詳細がもれなく書かれています。 この項目は総額の中に含まれているのか、またはそうでないかなどは、金額に関わる部分なので注意しておきたいところです。 ...続きを読む

工事期間の確認

リフォームにおいて初期段階でなにが最も重要かと言えば、どこをどのようにしたいのかというイメージです。
家または部屋をこんな風に変えたいということがわかれば、リフォームする範囲(サイズ)もわかり、設備などを変更する場合には業者にも伝えやすくなります。
間取りなどを変更するような大きなリフォーム、キッチンやバスルームだけというのもリフォームであり、リフォームには定型はありません。
そのイメージがなければ見積の依頼もできません。
おおまかな(詳細でなくてOKです)イメージこそが最初においては特に重要というわけです。

抽象的なイメージでもできあがってきたらリフォーム業者探しに入ります。
折り込みチラシで見つけるのもいいですし、ネットの口コミをみるのでもいいですし、知人の紹介などでもいいです。
リフォームにおいてまず重要となるのが業者探しなのです。
イメージにそったものに仕上げてくれるかどうかがこの業者選びにかかっています。
また、コストだってできるだけ抑えたいです。

最近ではリフォームする場合、複数社への見積依頼とその比較は普通のことです。
見積の金額は各社それぞれ異なると思いますが、リフォーム会社にはそれぞれ特徴を持っています。
キッチンやバス、トイレなど設備系に強い会社、またデザイン性が高いものに強い会社、または工期が早く低コストな会社など、それぞれが異なります。
見積やプランを検討した上で、自分の家に合った業者を選定しましょう。