失敗しないために

>

まずは計画から見積依頼まで

リフォームにより工期は大きく異なる

早急にリフォームしたい場合には、なにが重要かと考えたときにリフォームにかかる費用ではなく、また業者選びでもなく、工事にかかる時間(期間)なのかもしれません。
なぜなら、設備を交換するような簡単なリフォームであればいいのですが、間取りの変更など大掛かりなリフォームとなると、費用面で若干高くまたどのような業者を選んだとしても、期間は大幅に短縮できないということです。

リフォームの計画や見積依頼、業者選定に至る時点での準備時間にも多少なりとも時間はかかります。
さらに工事にかかる時間(期間)は、大掛かりなリフォームになるほど時間がかかると想定しておいてください。
工事に1カ月から2カ月を必要とする場合もあります。

準備として

リフォームの工事においては、当然の事ながら費用がかかります。
大掛かりなリフォームともなれば、ローンを利用することもあると思いますが、支払方法なども検討しておくのがよいと思います。
各自治体の補助金制度や介護保険などもあるので事前に準備も必要です。
リフォーム会社に依頼する前に確認しておくのがいいと思います。

大幅な変更を増改築の場合には、建築確認の申請などもあるので十分に注意が必要です。
依頼を検討しているリフォーム会社にも聞くと申請方法などがわかると思います。

リフォームは工事なので、それなりの騒音やホコリ、人の出入り、クルマの駐車などがあります。
工期がどのくらいかかるのかなど、ご近所へのあいさつは必要です。