失敗しないために

>

見積、業者選び、その他注意点

決めるその前に

見積依頼に際しては、リフォームのイメージを伝えるためにその会社に行くということもありますし、業者が現場調査に来てくれるということもあります。
マンションなど設備にまでに及ぶ場合には、そのマンションの管理規約で禁止されている事項を確認することが必要です。
禁止されている事項によっては、リフォームできないことになるので、あらかじめ十分に確認しておきましょう。
せっかくのリフォーム計画も変更せざるをえません。

2社〜3社また3社~4社の中からの見積を比較検討するわけですが、会社の特徴や実績などをよく聞いておくのがいいでしょう。
いい業者であれば実績も豊富にあり、さまざまなリフォームを手がけていますし、さまざまなケースに対応できる柔軟性もあります。

業者を選ぶポイント

リフォームの費用は決して安くありません。
場合によってはローンを必要とするリフォームも少なくないのです。
大金を使ってリフォームするのですから、やはり安心して依頼(信頼)できる会社がいいと思います。
実績や会社概要、建設業許可番号の有無など、それなり実績のある会社であれば公開しています。
また、会社も大きくて実績があればいいというわけではありません。

地元密着で小さくても実績をつくっているリフォーム会社はたくさんあります。
建築や住まいについて知識が豊富であること、質問などのレスポンスが早い、意見に耳をかたむけてくれる、工事の契約をせかさないなど、いい業者を見きわめるポイントはたくさんあります。
また、万が一不具合などがあったときの保証体制、アフターメンテナンスの制度があるかどうかも重要なポイントとなります。